メインサイト
 アイマス動画発掘サイト『ニコマスchガイド』

ニコニコ動画のアイドルマスター動画を独自のジャンルとキーワードで検索できる総合カタログサイトです。ログイン不要の再生にも対応。
ニコマス急上昇ワード

設置方法
NEW ENTRIES
CATEGORIES
拍手ボタンによるおススメ
ARCHIVES
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
PROFILE
OTHERS
 
ニコニコ動画にある”アイドルマスター”タグ付き動画に付けられたコメントを集計・加工してできた色々(powered by ニコマスchガイド)

<< 「アイドルマスター」タグデータ配布のお知らせ | main | 一部の人達のためのクリエイター奨励プログラム(ニコ動) >>
『小鳥さんは可愛い』というのは本当か?! データで検証してみた


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


アニメ放送中から2ちゃんまとめブログでアイマス関連のスレッドがまとめられることがだいぶ増えたようでして、3〜4月にニコマスchガイドのデータを色々整理していたのもあって、便乗していくつかデータを集計したりしていました。


↑呼称ランキング

↑カップリングワードランキング

昨年は3月にニコニコ動画の公開マイリストを使って作った『ニコマスがっち』をリリース以来、以降はMMD関係ばっかりやっていて、このブログの週刊まとめも休止してしまって、11月に年間まとめ動画を作るためにデータを見直ししたくらいしかデータに触っていなかったわけです。


最近データを触り始めたのは・・・アニマスですね。
アニメアイドルマスターが大成功に終わって、新規のファンもだいぶ増えただろうということで、そういう人向けになにかまとめができないかと。
11年のまとめ動画はお陰様で再生数は10年と同等、マイリストは増加でしたし。

それとニコニコ動画5周年ということで、同時にニコマスも5周年ということなので、これも一つの区切りとしてなにかやりたいなと。
そしたら超NovelsM@sterコンテストというサプライズがあったので本命の動画が間に合わずに、今一旦休止になっているという。

それに、ニコマスchガイドのコンテンツ自体もまだまだやりかけなので、改善しないといけないですしね。


なんですけども、今回のような動画を作るのは下半期を考えていました。
なんで動画にしちゃったんですかね?w

動画について書く前に、一つ参照記事を。

Colorful Pieces of Game::ゲームにムービーは必要なものか? Colorful Pieces of Game::ゲームにムービーは必要なものか?

結局データを紹介するだけだったらスライドだけでいいんですよ。
それどころか表1枚でいいわけでしょ?

なのにここまでやってしまう、というのは伝搬力の違いというか、ニコニコ動画に投稿した方が反応がもらいやすい、というのもありますね。
そういった効果と手間のバランスですが。
まあ、普通はPowerPointのスライドをMikuMikuDanceを使って動画で見せたりしないですよ。
思い付きもしないですよ。

ただ、ニコマスは2007年からデータの紹介もこういう形でするのが、桃月PやてってってーPなどの先人によって確立されていましたのでね。
私もそれに倣ったということなのです。




ちなみに自分の作った動画に付けていただいた”ニコマス解析部”というタグ、他に使われていなかったので”アイマス研究”に代えさせていただきました。

このタグ自体、2008年までは少し使われていましたけど、それ以降はほとんど使われることも無く、アイマス研究班は何をしているんだ、という状況もありますので、こちらも盛り上げていけたらいいかなぁ、と。

でも私はタグ登録数とか王道はやらないですよ。
そっちは誰かやってくださるだろうと。
自分はコメント解析っていう、ニコニコ動画全体でもほぼ見ない分野をずっとやっていますので、そちらをもっと活用しないといけないと思っていますので。


そうですね。
それで、ニコマスchガイドに取り組み始めたのが2008年4月中旬で、レンタルサーバーを初めて借りて、ブログを立ち上げたのが2008年5月中旬。
その頃にまず、アイドルの成分分析という、同じような事をやっていました。

音無小鳥と高木社長を成分解析してみた

やり方はだいぶ違っていて、データの分析も解析方法もまだよく分からない段階で、データを収集しながら、ツールの使い方を覚えながら練習としてやっていました。


この記事でも触れていますが、音無小鳥さんは無印まではゲーム中には出てこないんですよね。
それがこれだけ人気になっている、と。
この時にも書いていますが、アイマスでは脇役がほとんどいないので、ニコ動では解説役として方々で活躍されていましたから、露出も非常に多かったんですね。
「TRPGのリプレイで小鳥さんを知った」っていうコメントもまとめサイトにありましたし。


そろそろデータの内容に入ります。

web拍手 by FC2他の人にもおすすめの記事だと思ったら押してください。左の記事ランクに反映されます。私信の送信にも使えます。
まず、なんで”残念な結果”かというと、集計前はもっと色んな評判が現れるだろうから、それを司会の3人で拾って動画とコメントを見せながら解説していけばいいかな、という形で考えていたんですが、予想に反して「かわいい」一色になってしまったので、それでああいう構成になったわけですね。

もちろん”このデータは間違いじゃないか”と思って色々条件を変えて集計してみたのですが、結果は変わりませんでした。

スライドで解説した係り受け解析ですが、ニコマスchガイドのコンテンツを作るのにはこの方法は使っていなくて、だいぶ前に類似語の抽出・統合を自動でできないかと思って試していた時にやり方を知ったものでした。

日本語係り受け解析APIとマッシュアップ (Yahoo! JAPAN Tech Blog) 日本語係り受け解析APIとマッシュアップ (Yahoo! JAPAN Tech Blog)

ところがこれが全然うまくいかなかったんですね。
動画へのコメントにもありましたよね、「ぴよすけ で同じことをやってみろw」って。

音無小鳥=小鳥さん=ぴよすけ≠小鳥よしおP、というのを自動でやりたくて、そのためには今回の使い方と逆に、”同じ評判の名詞は同じ対象を指している”という理論でできるはずだったんです。

それでまあ、そんなことはできないという結論になりました。

なので今回形容詞で集計しましたが、ニコマスchガイドのデータ解析では品詞についてはあんまり重視してなかったんですね。
それで「KTKR(来たこれ)」が形容詞になっちゃってたりとか。

あと、ニコニコ大百科IME辞書に登録されている未知の単語は全部固有名詞に分類しちゃってたりとか。

だから、そういう部分をもっと細かく見ていったら、実は違った結果になるのではないか、と思うわけです。

日本語入力について - アスペ日記 日本語入力について - アスペ日記

こちらのブログの方は自然言語処理の専門家ですけれども、そういう取り組みが必要だと考えていて、とりあえずそれらしい結果が出たぞっていうGoogle社の方針と合わなかったと(この記事のひとつ前の記事を参照)。

でも、やっぱり”小鳥さんは可愛い”でいいじゃないかと。
「おまえら!小鳥さんを馬鹿にするなー!!可愛いんだ!!結婚してクレー!」だと。
まあ、だからこそこの結果を自信を持って提示しますよ。

でも呼称表を見たら「りょうぴよ」とか「まいぴよ」があって、これは事前にチェックして除外しておくべきだったなーと思ったり。
再集計してスライドを直して動画も編集・・・という手間と天秤にかけて、直したところもあるし、そのままにしちゃったところもあります。

例えばこんな語を含む呼称を除外しましたよ。

回、ルート、グラ、パピヨン、インフルエンザ、P、ぷち、珍小鳥、音無亭、軍団、タイム、音無衆、ファン、タグ、小鳥よしお、小鳥化、事務員服

「小鳥さん”は”かわいい」みたいに、”は”が入っているコメントだけ集計したのか、ということですが、そして動画でもそのように説明していますが、実際は「ぴよちゃんかわいい!」みたいに”は”が省略されている物もカウントしています。

説明が複雑になることを避けて、呼称も事前に説明はせず、最後に”ちゃんと分析してますよ”っていう風にしておいたと。
その辺はほんとにテレビ番組風なのかなぁ。
それがアイマス動画として作ったためなのか、生っすか!?サンデー風に構成したための効果なのかは分かりませんが、自然とそうなりました。



今回、一発ネタですね。2007,8年だったら「アイマスネタ」タグが付いていたであろう、というところもね、時代の流れを感じるというか。まあいいんですけれど。

最初に書いた通り、それをどう見せるかっていうことですよ。
まあ、こんだけやったら、「結果表だけでいいじゃん」っていう人はいなかったですけども。

パワポのスライドはテレビ番組のフリップ風に作ろう、そしたら内容的にも技術に詳しい人じゃなくても見てもらえるような動画になりそうだと。
画面構成は、準備していてペンディングになっている動画で、この生っすかのステージを使うつもりで用意していたのを使ってテレビ番組のコーナー風に。
解説は先人のアイマス研究動画に原点回帰して小鳥さんにやってもらおうか。

そんな感じで決まっていきましたね。
最後に補足データをのっけて。
逆にデータは動画で見せづらいですよね。
100位までの表はExcelをフルHDの液晶縦表示にして2画面に分けて画面キャプチャしたものを繋いで作ったという。
縦スクロールテキスト、もっと良い作り方ないですかねぇ。

それで、音を付けて。
本当はもう少しSE入れたかったけど、まだ自前のライブラリを持っていないのでできなかった。

紙芝居クリエーターは前回の超ノベマスランキング動画で作ったパターンを流用。
まだセリフ枠のアニメーションは使いこなせていないので、セリフ表示・非表示はシーンを別にして作ったという。

MMDパートは別で詳しく書きたいけどどうかな。
いつになるか分からないから簡単に。

司会の衣装は「アイマス2 アイドル@スクール ver.1.0」のテクスチャの色変え。
元々はチェック柄なんだけど、それも無くして単色にしたものです。

フリップモデルは自分で作って。
一応アニメーションできるように1枚ずつボーンを付けてるんだけど、アニメーションまではさせませんでした。
MMDで出力した画像は15枚。

ポーズと表情はちょこちょこ変えてみました。
コメントでは特に指摘は無かったので、おおむね成功という事でしょう。
やっぱりポーズ集、表情集があると楽ね。

この辺りは、シーンにあったポーズを自分でゲーム画像から切り抜くよりは格段に早いし、もしかしたら探すよりも早いかもしれないですね。
画面に小鳥さんとスライドを収めるのにちょいとレイアウトの問題があったけれど、元々テレビ番組風ということでスライドの文字を大きめに作っておいたのが良かったです。
サムネを決める時にも役立ちました。

でもやっぱり紙芝居ということで、実際のテレビ番組みたいにカメラワークやシーン切り替えの多用はできないですね。
まあ、声が無い分常に画面に人物がいないといけないっていう制限があるんです。

エフェクトはエンドクレジットに書いた通り、2種類のエフェクト(Diffusion.xが先、SSAO.xが後)を加えるだけであんな感じの質感になりますので、MMD使用の際は是非お試しを。
AviUtilでは一切調整していないです。

http://www.nicovideo.jp/watch/sm17815831
↑スタジオ収録風景。映らないイスは用意しなかった。

そんな感じで、データ集計に半日、動画作成に半日の丸1日で作れるくらいまでには効率化してきたところです。

小鳥さんがネタだったからか、何が決め手か分かりませんが、多くの方に見ていただけたようで幸いです。

実は11年のまとめ動画のアンケートで演出重視が言われていたので、どうしようか色々悩んでいるところではあるんですよね。
結局は色々試して作って投稿して、経験値を積むしかないんですが。


スライドのパワーポイントファイルとMMD用のPMDモデルをセットでおいておきます。
自由に使ってください。
http://nicomas.main.jp/blog/sm17815831.zip (1MB)
| 成分解析 | 23:25 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.nicomas.main.jp/trackback/1627030