メインサイト
 アイマス動画発掘サイト『ニコマスchガイド』

ニコニコ動画のアイドルマスター動画を独自のジャンルとキーワードで検索できる総合カタログサイトです。ログイン不要の再生にも対応。
ニコマス急上昇ワード

設置方法
NEW ENTRIES
CATEGORIES
拍手ボタンによるおススメ
ARCHIVES
LINKS
Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
PROFILE
OTHERS
 
ニコニコ動画にある”アイドルマスター”タグ付き動画に付けられたコメントを集計・加工してできた色々(powered by ニコマスchガイド)

<< 今週のニコマスまとめ〜1月第1週 | main | ニコニコ動画のマイリストコメント抽出例 >>
「2009年のアイマス動画「○○」と言えばこの動画!」終わった話その1
「2009年のアイマス動画「○○」と言えばこの動画!」をご覧いただきありがとうございました。

制作後記はPart4のニコニコ大百科に書いたんですが、動画別の大百科ってUP主が説明文で書ききれなかったことを書くか、動画の補足を誰かが書く以外の使い道ってないですよね?
それで試しに使ってみたんですが、あんまり余計なことは書かない方が良さ気ですね。

で、自分のブログに書くとほとんど読まれないという。
そんなわけでここでは余計なことを書いていくわけですが!


■実績について

再生数は、うまくいけばこれくらいなのかなと。
2008年の動画が5000近くいってるんで、1万程度はいってもおかしくないと。

想像以上だったのは反響ですね。
これだけ支持の声があるとは思っていなかったので。

選ばれてうれしいっていう声があるのに対して、いわゆる俺ランキング的な疑問の声がほぼ無かったのは不思議かな。

■レギュレーションの説明について

”細かい説明は不要”という考えを今回も通しました。
代わりにちゃんとデータに基づいて出したんですよ、ということを強調するために、各種数字は具体的に表示するようにしました。

これが効果的だったんですかね。
もちろん結果自体も期待に沿うものでなければいけないわけですが。

■集計データについて

コメントは、1動画最大でも1000コメントまでしか取得していません。
基本的には、多くてもニコニコ動画で1度に表示される分が取得されていれば問題ないと思っていますので、それ以上取得するつもりはないです。

延べ55万355人というのは、184(匿名)コメの場合1週間でIDが変わるので、正確な人数が出せないためですね。
54週+ユーザーIDでのコメントで、1人が最大55人としてカウントされる可能性があります。
※3/1訂正:184コメでIDが同じになるのは、同じ週の、同じ投稿者の動画だけでした。従って1人が1年で何IDになるかは不明なため、コメントした人の人数は推定不能です。

2万8012ブログ記事については、今回もGoogleブログ検索で、link:www.nicovideo.jp/watch/動画ID で検索した件数を使用しています。
これを合計したらこの数字になりました。
これも、1つの記事で複数の動画が紹介されていた場合、重複してカウントされています。

■対象動画について

4万6012動画のアイマスタグ付き動画から、アイマス無関係な動画を除外し、有効なコメントが無い動画が除外され、機械判定でPV・音楽系とされた動画から削除済み動画が除外されて、1万7729動画になりました。

この中から108本紹介。
Part4の31本に関しては、ブログ記事数上位から手動で抽出。

web拍手この記事がおすすめだと思ったら押してください。私信の送信にも使えます。コメントはブログにどうぞ。

記事はもう少し続きます。

web拍手 by FC2他の人にもおすすめの記事だと思ったら押してください。左の記事ランクに反映されます。私信の送信にも使えます。
■紹介ジャンルについて

代表的なところでは、かっこいい・かわいい・センス・綺麗・ガチ・ネタといったところですね。
あとの楽しい・独特・癒しに関しては、マイナーどころをピックアップ。

まあ、nicom@s PV searchのキーワードを見てもらえば、大体こんな感じに落ち着くんじゃないでしょうか。

もう一つニコマスMADPVでメジャーなキーワードがあるんですが、2008年にひどい目にあったんで、取り扱わないことに。

手描きやVoc@loidM@ster、ストーリー系PV、PolyM@sterのような区分を作らなくても紹介対象に入っていたのは良かったです。

アイマスremix、iM@SHUPがほぼ紹介できなかったのは残念ですが、これらの動画に付けられているコメントがうまく集計できないわけで。

■良作ピックアップ?

あくまでテーマへの一致指数を元に選考したので、良作が多かったとしてもこれは偶然ですね。
良作であることを示す言葉やタグなどの情報は一切考慮されていませんので。

もし本当に良作がピックアップされているとしたら、動画の内容への感想が多く寄せられる動画=良作という法則が成り立つという興味深い結果が出たことになります。

逆にすごい動画だと、作り方に関心がいったり、作者に関心がいったりするので、そういう動画はこのシステムでは不利です。
同様に素材自体への言及が多いような場合もです。

そういう点で、洋楽が目立った可能性はありますね。

■COMING SOON

今回はここまで。

さて、Part4の大百科の最後で予告した物語作品の検索サイトですが、だいぶ形になってきました。
データ自体は去年の9月から作成に着手していましたが、なかなかうまくいかなかったんですよね。

まあ、できないものは諦めて、不完全ながらリリースさせることに決めたということです。
なので、過剰な期待はしないでくださいね。

| カタログ | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) |









http://blog.nicomas.main.jp/trackback/1530167